摂取の仕方に注意 | プロテイン完全ガイド -筋肉・ダイエットへの効果にせまる-

摂取の仕方に注意

プロテインは、摂取の仕方で多少注意すべきところもあります。日本人が一度に処理することが可能であるたんぱく質の量は35g程度とされています。このため、プロテインを一度にあまり摂取し過ぎると消化しきれず、腸内での腐敗を起こす可能性があります。今では日本人の体格も欧米人に近づきつつあるため、処理能力は少しずつ上がっていますが、それでも、一度に摂取し過ぎないようにしなければいけません。その点を心がければ、食事と食事の間に摂取する、ということも特に問題ありません。

また、食事の代わりとしてプロテインを摂取する、というのは、食事後の生活パターンも考えなければいけません。食事をプロテインに置き換えることは、必要な栄養素を摂取しながら、エネルギーを効率的に抑えることが可能、というところに利点があります。プロテインそのものは、運動のエネルギー源としての効率は決して良いとはいえません。

摂取後にエクササイズなどの活動的な生活パターンがあれば、運動に必要とされる炭水化物を確保することが不可能となる可能性があります。これは、場合によってはプロテインを炭水化物に変え、運動エネルギーを確保するという働きを行うのですが、そのためには脱アミノ化という過程が不可欠となり、これがあまり極端に、長期間行うようであれば、肝臓や腎臓に負担をかける可能性があります。
最新の栄養学では、たんぱく質は炭水化物と同時に摂取することにより、より効率的になるとされています。こうしたことから、最近はプロテインそのものだけでなく、かなりの割合で炭水化物を混ぜたものも多くなっているようです。食事がわりに摂取するのなら、このような、炭水化物や他の微量栄養素も含まれたタイプのものが良い、ということになるわけです。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

効果的選び方
プロテインサプリメントも、その原材料や成分などからいくつかの種類に分けることができます。まず、プロテインサプリメントの原材料としては、牛乳と大豆(ソイプロテイン)があり、・・・続きを読む

ダイエットでの注意点
プロテインの、ダイエット用サプリメントとしての効果に注目が集まっています。通常、たんぱく質は肉や卵からも摂ることができますが、それらを大量に摂取すれば脂肪も大量に摂取・・・続きを読む

筋肉トレーニング
ボディービルダーやプロレスラーを始め、のスポーツ選手が筋肉増強、筋力アップのためにプロテインを愛用しています。しかし、食事バランスの悪いトレーニングは、逆にエネルギ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009 プロテイン完全ガイド -筋肉・ダイエットへの効果にせまる- All Rights Reserved.